住所:千葉県市川市妙典3-12-16 フクシン21 1F
電話:047-306-7700
mail:is-ah@is-ah.com

動物取扱責任者研修終了年月日平成28年9月1日

診療時間

午前 10:00~午後 1:00
(お昼は検査や手術、処置の時間となっております)
午後 4:00~午後 8:00(土日祝日 午後 7:00まで
休診日 水曜日

午後 9:00~午前 3:00の時間帯は
夜間提携病院:ひがし東京夜間救急動物医療センター
http://doubutsu-yakan99.com/
03-3846-1299

院内フリーwifiあります。院内でご確認ください。

年末年始・お盆のフードなどの注文について

年末年始やお盆などはメーカーが長期のお休みになるので
その時期に入る前に早めにご注文いただけますようよろしくお願いいたします。

ゴールデンウィーク・お盆・年末年始のペットホテルをご利用の飼い主様へ

この期間はペットホテルが混み合うことが予想されます。
先着順での予約となりますのでお早めにご予約なさってください。
またこの期間は診療時間が変更になっています。
ご確認をお願いいたします。


→診療時間変更のお知らせ


年末年始は休診日のお返し等は行っておりませんので
病院のスケジュールに合わせてホテルの予定をお取りください。

ペットホテルをご利用の飼い主様へ

当院ではペットホテルも行っております。
当院にかかられている患者様へのサービスの一環として行っておりますので、初診の患者様は一度診察を受けた上でのご利用をよろしくお願いいたします。
完全予約制になっておりますので電話、もしくは直接病院までご予約を入れていただけますようお願いいたします。
また、ホテル予約は先着順となっております。
ゴールデンウィークやお盆、年末年始の期間は混み合うことが予想されますのでお早めにご予約をお願いいたします。


原則として、一般的な予防をされている動物さん以外お預かりしかねます。
一般的な予防とは、フィラリア予防(ワンちゃん)・ワクチン接種・ノミ・ダニの予防となります。
予防をされていない場合、お預かりして予防をさせていただきお預かりすることになります。ご了承ください。


お預かり中に体調不良や病気の兆候があった場合、
緊急を要する場合、治療や検査をさせていただく場合がございます。
必ず緊急連絡先を教えていただきます。


ごはんに関しては病院でご用意させていただいております。
持参していただいたものをあげることもできますのでご相談ください。


ワンちゃんのお散歩は基本的に一日2回行っております。


ホテルのお預け・お引き取りは診療時間内にお願いいたします。
お預け期間が延びる場合や早くなる場合は必ずご連絡ください。
お預かり料金のお支払いは原則お帰りの際になりますが、長期の滞在の場合途中でのお支払いや前金でのお預かりをお願いする場合もございます。


ご不明な点がございましたら病院までお気軽にご相談ください。

予防関係

狂犬病、混合ワクチン、フィラリア予防、ノミ・ダニ予防 .etc.
予防をきっちり行ってわんちゃんネコちゃんの健康を守りましょう。
病気にさせない医療、予防医療は動物にとっても飼い主様にとっても
幸せな生活を提供してくれます。
その子その子にあった予防方法を一緒に考えていきましょう!


特にワンちゃんの場合蚊でうつってしまうフィラリアの予防は重要になります。
月に一度の投薬でほぼ100%感染を防ぐことができます。
予防できる病気で病院にいらっしゃると少し悲しい気持ちになります、
病気にはどうしてもかかってしまうこともありますが
予防できる病気はできることなら予防していきましょう!!

避妊手術・去勢手術

当院では、もしお子さんを作ることを考えていらっしゃらない飼い主様には
避妊・去勢手術をお勧めしています。
全身麻酔下での手術になりますのでご不安なこともあるでしょうが
きちんとした全身状態のチェックを行って確実な手技をもって臨めば
得られるメリットは大きいと考えております。
詳しいお話は直接病院に来院していただいてお話したほうがいいかと思います。
簡単にメリット、デメリットを上げますと

メリット

・望まない妊娠を防ぐ。
・潜在精巣や股関節形成不全など遺伝性疾患をふやさないようにコントロールできる。
・避妊・去勢手術を行わないことでリスクが高くなる病気(子宮蓄膿症、乳腺腫瘍、前立腺肥大、子宮や卵巣の腫瘍、精巣の腫瘍、エインヘルニア.etc.)の予防につながる。
・発情による体調・行動の変化を防ぐ
・発情期の周囲への影響を防ぐことができる。
などなどです。

デメリット

・手術は全身麻酔下で行う必要があること
・手術後に太りやすくなる
・発毛の異常が出ることがある
・大型犬の場合尿失禁が起こることがある
などなどです。


高齢になって前立腺肥大や子宮蓄膿症などの病気になった時に
全身状態に不安のある状態で手術を行わなければいけない状態で手術するよりは、若くて健康な時期に手術をしてあげることも
飼い主様にとって一つの選択肢だと自分は考えております。


もちろん様々な考え方をする飼い主様(私も飼い主の一人ですが)がいらっしゃることは理解しております。
よく話し合って、動物にとって飼い主様にとって一番いい方法を一緒に考えていきましょう。


手術に関しては予約制となっておりますので
病院までお問い合わせください。

熱中症に気をつけましょう!!

夏はもちろんですが暖かい日や日差しの強い日は
駐車中の車内や日中の室内は想像以上に暑くなります。
熱中症は大変危険で身近に存在する怖い病気です。
暑さ対策をしっかりしてペットの健康を守ってあげましょう!
もし熱中症にかかってしまったらすぐに体を冷やしながら病院に来てください!
呼吸が妙に速かったり、体が異常に熱かったり、元気がなくボーっとしてしまっている場合は
熱中症の入口かもしれません、気をつけましょう!!


ブルセラ症について

●ブルセラ症は全身症状を呈し、あらゆる臓器に感染を起こすことで知られている。
その症状に特異的なものはなく、発熱、発汗、疲労、体重減少、うつ状態などの症状がみられる。
身体所見では、発熱(数週間~数カ月続くことがある)、リンパ節腫脹、肝脾腫大がみられる。

●臓器別の特徴は次のとおりである。
・骨・関節系:最もよくみられる合併症で、腸骨坐骨関節炎、膝および肘関節炎、椎間板炎、骨髄炎、滑膜包炎などを起こす。
・消化器系:悪心、嘔吐、体重減少。
・呼吸器系:きわめてまれであるが、咳、労作呼吸困難がみられる。
・泌尿器系:精巣炎が最もよくみられる。
・神経系:うつ状態、髄膜炎がみられるが、頻度は2%以下である。
・心血管系:心内膜炎が最も重要な合併症で、ブルセラ症による死亡原因の大半を占める。頻度は2%以下である。

■検査所見
●通常の血液検査で特異的な所見はない。

Q.犬のブルセラ病とはどんな病気ですか?
A.犬のブルセラ病は細菌(ブルセラ キャニス)によって感染する犬の慢性感染病です。
 国内では数%の犬が感染しているといわれています。 

Q.犬から人へは感染するのですか?
A.人への感染はおもに犬の流産胎仔や悪露等との接触が原因とされ、これらに関わる職業上の感 染機会(動物繁殖業者、獣医師など)が多いです。
 普段の接触においては感染する可能性は極めて低いです。わが国における人のブルセラキャニスの感染の報告は極めて希で、国内では報告義務のできた1999年以降、5例報告されています。
 人から人への感染はありません。

Q.人に感染した場合はどうなるのですか?
A.発熱や筋肉痛などの風邪様症状を示します。ブルセラキャニスはブルセラ属菌のなかでは病原性は最も弱く、重篤な例はまれです。
 急性ブルセラ症の治療(成人)は、抗生物質であるリファンピシンとドキシサイクリンの2剤を6週間投与す る方法等で治療されます。

Q.犬から犬へはどのように感染するのですか?
A.犬から犬への感染は経口と交尾(精液、尿、流産胎仔、悪露、子宮分泌物)が感染源となります。
 普段の散歩など日常生活においては感染することはありません。

Q. 犬が感染した場合はどうなるのですか?
A. 一般的な症状はほとんどありません。
 オスでは精巣炎、メスでは死流産、子宮内膜炎を示します。
 犬の治療に関しては抗生物質の長期投与が有効ですが、投薬中止後、細胞内に隠れていた菌が再び体内に現れ、再発することがあるため完治はしないと言われています。

Q.どうしたら予防できますか?
  一般家庭では、犬との接触後、石鹸などで手洗いを実施しましょう。
 犬が流産した場合には流産胎仔や悪露等の扱いを慎重にしましょう。
 流産胎仔や悪露等を素手でふれないこと、すぐ隔離すること、それらが付着した場所は消毒用エタノール、両性界面活性剤、次亜塩素酸ナトリウムなどで消毒してください。
 犬の尿などの汚物はゴム手袋などを使用し直接手で触らず、丁寧に消毒しましょう。
 集団動物飼育施設においては血液検査で抗体陽性犬を隔離し、新たに導入する犬は検疫を行い、陰性のもののみ収容する必要があります。

大急ぎで作ったのでコピー&ペーストで乱文です。
詳しくは当院までご連絡ください。


お問い合わせ

診療受付時間内の場合

℡ 047-306-7700

まで、お気軽にご連絡ください。
緊急の処置をしていたり外来が混み合ってる際は
長時間のご相談に対応できない場合があります。
その場合は来院されることをお勧めいたします。

診療受付時間外の場合

留守番電話にメッセージを残しておいていただくか

is-ah@is-ah.com


メールにてお問い合わせください。
メールチェックはなるべくこまめにするように努力はいたしますが
緊急のご用件などは直接診療受付時間内にご連絡いただけますようお願いいたします。