住所:千葉県市川市妙典3-12-16 フクシン21 1F
電話:047-306-7700
mail:is-ah@is-ah.com

動物取扱責任者研修終了年月日平成28年9月1日

診療時間

午前 10:00~午後 1:00
(お昼は検査や手術、処置の時間となっております)
午後 4:00~午後 8:00(土日祝日 午後 7:00まで
休診日 水曜日

午後 9:00~午前 3:00の時間帯は
夜間提携病院:ひがし東京夜間救急動物医療センター
http://doubutsu-yakan99.com/
03-3846-1299

院内フリーwifiあります。院内でご確認ください。

診療設備

受付

ちょっとごちゃごちゃしていますね(^^;
いろいろとお知らせや、フードのサンプルなどがあります。
診察券を出して順番にお待ちください。

待合室

簡単な料金表や病院からのお知らせを置いてあります。
なるべく待ち時間を少なくするように努力はしていますが、
お待たせしてしまうことも少なくありません・・・
漫画が豊富です。院長の趣味がわかりますね。
ドリンクコーナーもあります。ご自由にご利用ください。
大型犬用の体重計も置いてあります。上で遊ばないでくださいね。

診察室


耳の中をモニターに映したり、レントゲンもモニターにてご説明します。
皮膚を拡大してモニターに出せたりもします。
眼圧計を揃えました、緑内障などの診断も正確にできるようになりました。
顕微鏡の画像もお見せできるようになりました。
なるべくしっかりと丁寧にお話しできるよう
いつも頑張っています。


半導体レーザー照射装置

レーザー照射を行い、炎症の軽減、疼痛緩和、腫瘍への緩和治療、緑内障に対する治療など
外耳炎、皮膚炎、関節炎、歯肉炎、イボ、腫瘍などなど
多くの病気へ利用することが可能なレーザー治療を行えるようになりました。
高齢で麻酔をしての処置が難しい腫瘍や、歯肉炎、イボなど
選択肢の一つとして利用できると思います。

レントゲン検査装置
骨や関節の異常、内臓の異常などを
外から診断するための道具です。
鉛で包まれたお部屋の中にあります。
現在レントゲンはデジタル処置できるようになっています。
DRを導入して更に高速で高画質な画像を利用できるようになっています。
診察室にてモニターにて見て頂くようになっております。

超音波検査装置

超音波によって体の内部を映し出す道具です。
汎用性が高く、多岐にわたって活躍しています。
最新機種のALOKA α6を導入しました。
カラードップラーを含め今までよりも大きくパワーアップ!
より詳しい検査が可能になりました。

各種血液検査装置

最新の血球計算器、血液生化学測定器、内分泌ホルモン測定器、凝固系検査が行えるようになりました。
今まで外部の検査でお時間を頂いて検査も幾つか院内で迅速に検査することができるようになりました。
また、凝固系の検査を客観的に診ることができるようになりいくつかの血液疾患や外科手術における安全基準を確かめる事が可能になりました。


マイクロバブル

細かい泡によって通常のシャンプーなどでは取りきれない
毛穴の汚れやべたつきを効率よくとったり
マイクロバブルの刺激により皮膚の活性を促します。
簡単にいえば気持よくてきれいになるお風呂です。
みんな気持ちよさそうに入ってくれて
中には寝ちゃう子もいます。
当院自慢の道具です。
皮膚病のワンちゃんはもちろん、健康なワンちゃんも
一度お試しください!!
『マイクロバブルについて』

↓当院で使用しているターレスさんのHPです
『株式会社ターレスHP』

入院室
冷暖房完備です。
酸素室にして集中治療室にすることもできます。
神経質な子などは個室をバリケンで用意することもあります。
ICU装置
酸素濃度の調整や温度湿度の管理を自動的に行えます。

手術室
麻酔のモニターや人工呼吸器、麻酔機など
いろいろなものが置いてあります。
手術モニター
心電図、心拍数、呼吸数、体温、血圧などを逐一モニターしてくれます。
麻酔中の動物の状態を正確に把握することでより対処を早く適切に行えます。

内視鏡装置

内視鏡によって体の中を覗くことが出来ます。
一部の異物などもお腹を開けることなく取ることが出来ます。

電気メス

電気メスによって出血のコントロールを容易にします。
できるだけ組織に対するダメージを防いで出血を止めたり切開を行ったりします。

眼圧測定器

新しく眼圧計も導入しました。
緑内障やぶどう膜炎、眼内腫瘍などの検査に利用ができます。

炎症反応性蛋白測定器

C反応性蛋白測定ができるようになりました。
CRP(C-reactive protein)
炎症が起きている指標で白血球数などよりも炎症の度合いを判断することが出来ます。
病気の改善度合いの評価に用いれたりします。
白血球数が上がっていなくても炎症があるときなどの見落としを防ぐことが出来ます。

電解水生成器 AP aqua NeoEx

消毒などに使用でき、効果も高く安全性も高いAP水を生成できる機械を導入いたしました。
動物の体や傷、様々な部分の消毒をはじめ
環境の消毒などにも非常に有効な消毒液です。
口をゆすげるほど、目を洗えるほどの低刺激、低毒性です。
イロイロなことに用いていきたいと思います。

当院の壁紙には光触媒作用の持つ物を使用しております。
細菌の繁殖を抑え、臭いの発生を抑えてくれます。
いわゆる動物臭さが少ないのはこの壁紙のおかげです。

もっとアイエス病院について知りたい方はこちら

『スタッフ紹介・その他』